BlueDOOR coffee たまプラーザ店

ブルードア

 

わたしたちの工房から少し歩いたところに、とても雰囲気のいい小屋がある。

自家焙煎コーヒー店「BlueDOOR coffee」。

 

BlueDOOR coffee 2号店をたまプラーザでオープンしたく、全体のお店つくりを同じ寺家町でものづくりをしているHALFMOON FURNITUREにお願いしたい、というお話しをある日いただいた。ここ「寺家町」は里山が広がる田園風景が今も残っている地域で、同じ場所に工房を構えている私たちに声を掛けていただいたことがとても嬉しく、お話しを受けてお店つくりがスタートした。

 

BlueDOOR coffeeの店主と話をしていく中で、お店全体を「素材の質」を生かした仕上げとした。具体的にはカウンターなどの家具は無垢材、壁は漆喰、椅子の座面は本革、アクセントに真鍮。どれも経年変化で味わいが出てくる魅力的で深みのある素材だ。今の流行にとらわれない、質の高いものをシンプルに取り入れる、取り繕うことのないストレートな素材の使い方を好んだBlueDOORの店主。本質を追うBlueDOORの考え方が、少しでもお店の内装で表現できればと思いながら具体的なプランを進めていった。

 

たまプラーザのお店はオープンなキッチンスペースにカウンター席があるシンプルな構成。オープンキッチンの顔となる吊収納はワイルドな節があるウォールナット無垢材で製作。そして各カウンターの天板は節ありナラ無垢材で作り、それぞれワイルドな木目生かしつつ品のある家具になるよう仕上げていった。

 

bluedoorcoffee

 

客席カウンター側の壁一面には漆喰の表情が出るよう蝋燭を灯す燭台のようなイメージで照明を配置し、台座はお店全体の雰囲気に馴染むようデザインし製作した。そして、お客様が座るスツールはできる限りコンパクトにしつつ、座り心地のよい形を追求した。空間全体を考えながら、一つ一つ詳細を考え製作する作業は緊張感がありつつ、楽しい日々となった。

 

カウンタースツール 照明

 

出来上がったお店はとてもシンプルですが、こだわった一つ一つの要素が関連し合い、素材のもつ力のお陰でなんとも落ち着いた雰囲気の空間になったと思います。

 

先日、お店に伺ったら照明スタンドや植物、古いワイン樽をリメイクして作られたテーブルなどがバランスよく配置され、古いものと新しいものが融合したBlueDOOR coffeeらしい色のあるお店になっていた。

 

作り手がお客様に合うようシンプルに作り、それにお客様が色を添えていく。

家具や住宅、そしてお店を作り上げていく一つの理想の形だと思った。  kumiko

 

 

「BlueDOOR coffee たまプラーザ店」

神奈川県横浜市青葉区美しが丘2丁目17−12

HP : bluedoorcoffee360.com