蘭越へ -及川農園 3-

日が暮れた畑には蛙の鳴き声が響いていた。仕事から帰ってきた末っ子のともよちゃんも合流して皆で火を囲む。ひんやりとした空気の中、炭火の暖かさが心地良い。真夏だというのにこの感じ、幸福感が増す。新鮮な野菜とラム肉をほお張りながら肇さんとかをりさんの話に耳を傾けていた。

 

前職はコンサルタントだった肇さん、仕事で何度か富岡に来るうちにすっかりこの地域の人々に魅せられてしまい、「たった一度の人生、この場所で虫のように生きてみたい」と移住を決めたという。かをりさんは「コンサルが農家の人にコンサルされちゃったのよ。」と笑う。

人里離れた大地を目指してではなく、人のいる場所としてこの地域を選んだという考えに納得させられた。

 

この地での初めての冬、灯油を切らしてしまい、すぐに配達は来るだろうと電話をかけるもその日に配達なんて来てくれず、文字通り死ぬほどの寒さに朝までひたすら耐えた話。雪かきを怠っていたある日、夕方家に帰ると積もりに積もった雪が窓ガラスを破り、家の中に雪崩が起きていた話。一生懸命育てたとうもろこしの収穫の朝、畑に行くとそのほとんどが狐に食べられていた話。肇さんとかをりさんがそうしていたのと同じように狐も一番良い日を待っていて、そのタイミングの判断も全く同じだったという。まわりの農家の人たちには、「狐が食べきれないぐらいたくさん植えないとだめだよ。」と笑われたという。次々に出てくるいくつもの困難や失敗の話をさらりと明るい笑い話に変えてしまう2人のエネルギーが本当に気持ち良い。

 

中でも、上の2人のお子さんたちの脱北の話は印象的だった。及川家の子供たちの間では富岡から出ることを「脱北」と呼び、小さい頃からその日を夢見ていたという。肇さんとかをりさんは、子供たちは自分の意思ではなく、この土地に連れてこられた立場だからと、ちゃんと脱北のチャンスを与えていた。最初のチャンスは高校受験。札幌の公立高校に学区外の枠で受かること。それを逃せば高校卒業の歳まで待たなければいけない。中学三年生になるとそれぞれに自分の意志で決めさせるのだという。この畑で働くも良し、受ければ受かるという地元の蘭越高校に進学するも良し、学区外の札幌の高校を目指すも良し。一番上の娘さんが目指したのはもちろん「脱北」。しかし、そもそも少ない枠の公立高校の学区外枠、思っていたほど簡単ではなかったらしく、結果は失敗。それを見ていた弟は焦った。ゲームが大好きで、それまで毎日ゲームばかりしていたという彼が、自らそれを封印、突然勉強を始めたのだそうだ。その結果、見事高校入学時の脱北に成功した。

その後、お姉さんの方も蘭越高校から国立大学合格という学校創立以来初の快挙を成し遂げ脱北した。

確固たる価値観を持ちながらも子供たちにはそれを強要することなく、自分たちの意志、価値観を育て、尊重する肇さんとかをりさんのやさしさの奥の強さに憧れる。

 

流行とか見栄とか地位とかそんなこととは全く関係のない自分たちの価値観を持ち、そこに誇りを持って生きているお二人の姿は絶対的に格好良い。長靴や頭に巻いた手ぬぐい、土のついた作業着さえお洒落に見える。

 

いつのまにか炭火も消え、冷え込んできたので小屋の中に移動して、さらに夜中まで話して過ごした。

星野道夫は言う。「人と出会い、その人間を好きになればなるほど、風景は広がりと深さを持ってくる。」と。本当にその通りだと思う。通り過ぎるだけでも十分素敵な場所だけれど、ここに来て、この場所で生きる肇さんとかをりさん、ともよちゃんと出会えて本当に良かったと思う。

 

takashi

8月27日(日)工房オープン致します。

HALF MOON FURNITURE WORKSHOP
OPEN : 毎月第4日曜日 13:00〜17:00
 
今月も工房オープン致します。
家具のご相談や工房にご興味がある方は、是非お越しください。

お待ちしております。

 

※一部の展示品を現品販売しております。

すべて一点ものになりますので、ご興味のある方はお問い合わせください。

蘭越へ -及川農園 2-

蘭越町富岡、羊蹄山に向かって開けた広い畑。夕方の透き通った空気が心地良い。

すぐにビニールハウスから奥さんのかをりさんも出てきてくれた。涼やかに澄んだとても素敵な佇まいの人だ。

 

早速、今日泊めてもらう畑の小屋に案内されて、トイレの流し方、電気のスイッチの場所、寝床のロフトへの上がり方を教えてもらう。コーヒーをいただきながらしばしの休憩。

もともと馬小屋だったこの小屋は、肇さんが町にいた頃からのご友人の建築家たちが「勝手に」様々な材料を持ち込んで「好き勝手に」改修をし始め、人が泊まれるようになり、その工事は今でも続いていて、この先も永遠に続くのだそうだ。かをりさんいわく「富岡のサグラダファミリア」だと言う。

どこかから拾ってきたという大きなガラス窓が羊蹄山を望める最高の場所に取り付けられている。肇さんが話してくれたこの窓の取付の時のエピソードがなんともほのぼのとしていて良い。

この小屋の羊蹄山側の壁には大きな筋かいが入っていた。この窓を取り付けるためには筋かいを切らなければつけられない。筋かいが構造上いかに大切なものかを熟知している建築家たちはこれを切ってしまって大丈夫なものか悩み続けていたという。切ろうか、やっぱりやばいんじゃないか、やめようか、でもここに窓あったら絶対いいよね。。切るか、でも。。

それを見ていた近所の農家のおじさんがしびれを切らして近づいて来て言った。

「一級建築士が何人も集まってさっきから何やってんだ。悩んでねえで切ってみな。なんでもねえから。」

農家のおじさんの一言でようやく筋かいを切り始めた若い建築士。その間、年長の建築士たちはみんな外に避難して遠くから見守っていたという。やってみればおじさんの言う通り「なんでもなかった。」そうだ。

外には立派なピザ釜も作られている。その設計図、工事の工程表、工事記録もしっかりファイリングされて残されている。さすが建築士の仕事と思いきや、かをりさんに言わせれば

「あいつら、一級建築士のくせに、施工は全然だめなのよ。あのピザ釜見てごらん。傾いてるさ。」

と笑う。なんて気持ちの良い人なんだろう。ここに来て早々、すっかりくつろいでしまった。

 

夜はバーベキューをしようということで、みんなで畑に出てアスパラを収穫。食べごろのアスパラを刈り取りながらそのままかじってみる。生で食べて「美味しい、美味しい」と喜んでいる僕たちを見てかをりさんは

「ここではね、毎日毎日こればっかり食べるんだよ。」

と笑っている。

 

バーベキューの前に近くの温泉へ向かった。夕暮れの尾根伝いの道を走る。一枚だけ持ってきていたBUIKAのCDを聴きながら。水田に映る少し遅めの北の夕日、遠くの山々のシルエット、道路脇の白樺の木々。なんて気持ちの良い夕暮れなんだろう。ただ通り過ぎていたら綺麗な旅の風景でしかないものが、この場所で日常を送る人たちに出会えたことでより深い物語を含んだ風景に見えてくる。まださっき来たばかりだというのに僕たちは、「肇さんとかをりさんに会いに来て本当によかったね。」と話していた。

 

takashi

 

チーク材のダイニングテーブル、ベンチ

チーク ダイニングテーブル

 

チーク ダイニングテーブル

ダイニングテーブル:W1250 x D750 x H700  チーク材 ウレタン塗装

 

 

ある建築家の方からご自宅用のダイニングテーブルとベンチの製作依頼をいただいた。

ご希望のサイズは、ご自宅のダイニング空間の中でのバランスを重視して必要以上の大きさは取らないサイズ設定だった。

最初はウォールナット天板に鉄脚の組み合わせでご検討いただいていたけれど、ご家族で打ち合わせにお越しいただいた時にちょうど製作中だったチーク材のTVボードを気に入っていただき、材料はチークに決定。デザイン的にはチーク材の魅力を最大限活かせるように全て木製、角脚のごくシンプルなデザイン案に変更した。シンプルなものほどほんの少しの寸法設定のミスで野暮ったいものになってしまう。板厚や部材寸法、天板と脚、脚と幕板のチリ等、ミリ単位の細かい寸法バランスに細心の注意を払って設定した。

 

チーク ダイニングテーブル ベンチ

 

引き続きチーク材でTVボードの製作をご検討いただいている。一気に全て揃える必要はないけれど、自分が本当に気に入ったものが日常生活の中に少しずつ増えていくことはとても心地よく、豊かなことだと信じている。一つ一つが繋がっていってくれるよう、丁寧に向き合っていきたい。

 

takashi

 

蘭越へ -及川農園 1-

予定時間をだいぶ過ぎて「湯ノ里デスク」を後にして、及川肇さん、かをりさんご夫妻に会いに蘭越町富丘へ。

 

及川肇さんはお兄さんのお兄さんだ。お兄さんは僕が高校生の時に個人的に英語を教えてもらっていた先生の旦那さんで、なぜかその時から「お兄さん」と呼んでいる。以来ずっとお世話になっている大好きな人だ。僕が高校生の時にお兄さんは30歳ぐらいだったからちょうど一回りぐらい年上ということで、今は50歳ぐらいか。僕ももうすでにあの頃のお兄さんの年齢よりも上になっていることを思うと不思議な感じがする。

そんなお兄さんのお兄さんが北海道で農業をはじめたという話を聞いたのもその頃だっただろうか。都会での生活をやめて、自ら選んで農家になったということに興味を持ちつつもこれまで一度もお会いする機会はなかった。

今回の北海道行きを決めたとき、是非会いに行きたいと思い、お兄さんに連絡を取ってつないでもらった。

 

 

もうこの辺りのはずなんだけど。富丘地区に入っていくと、ときどきすれ違う人の視線を感じるようになっていた。とはいっても嫌な感じは全然しない。観光客が通り抜けていくような場所ではないのだろう。単純に見慣れない車が通ったから見ているのだろうと思う。そういえば僕が以前住んだフィジーの山奥の村でもそうだった。顔見知りしかいないような土地に見知らぬ車が入ってくれば、「誰が乗っているんだ」とみんなでじろじろ見たものだった。それは悪意とか警戒心などでは全然なくて、単純な好奇心というか。自然なことだった。

 

いよいよたどり着けず、電話をかける。

「今、どの辺? まわりに何かある?」

どの辺と言われても、、 わからない。。

まわりには、、 何かあるというのか、ないというのか、、畑、畑、畑。。なにか目印、目印。

「ああ、家が2軒。。」

「どんな家?」

「壁が緑の、、」

「ああ、それなら少し戻って一本目を右に入って、しばらく走ったらトラクターが停まってる畑があるから。」

 

言われたとおりに進む。羊蹄山まで見渡せる開けた畑の間の一本道。道路わきからひょっこり羊でも出てきそうな気がしてくる。もちろんこの辺りで羊なんて飼っている人は誰もいないのだけれど。

 

前方に人影が見える。肇さんが道路に出てきて待っていてくれた。

 

takashi

 

 

7月23日(日)工房オープン致します。

HALF MOON FURNITURE WORKSHOP
OPEN : 毎月第4日曜日 12:00〜17:00
 
今月も工房オープン致します。
家具のご相談や工房にご興味がある方は、是非お越しください。

お待ちしております。

 

※一部の展示品を現品販売しております。

すべて一点ものになりますので、ご興味のある方はお問い合わせください。

蘭越へ -湯ノ里デスク-

いつも通り僕たちの朝は遅め。旅先だからといって早起きはできないらしい。

及川ご夫妻の所へは夕方に訪ねる約束なので、のんびり蘭越を目指して小樽を出発。

札幌出身の妻は子供の頃によく食べていた赤井川の牧場のソフトクリームをどうしても食べると言い張るので赤井川経由で向かう。北海道らしい山道を走っていると大きな牧場が見えてきた。

「ここ、ヤギのいる牧場」

と妻。

車を停める。ヤギ、ダチョウ、アルパカ、馬、いろいろいた。ソフトクリームを買って食べる。

「これじゃない。」

と妻。

再出発してものの数分。別の牧場が。

「ここだ」

と妻。

車を停めて、また食べる。

「これ、これ」

満足したらしい。

 

真狩村のBoulangerie JINでパンを買ってニセコへ。ニセコの役場でもらった冊子を見ていると木工房「湯ノ里デスク」の紹介記事が載っていた。以前からHPを見て知っていた「湯ノ里デスク」。そうかこの辺りだったのか。住所を見ると蘭越町。及川ご夫妻との約束まではまだ時間があったので寄ってみることにした。

 

澄んだ森の道が本当に心地良い。ニセコを出て20分ぐらいか、森の中の廃校を利用した木工房「湯ノ里デスク」に到着。

教室を利用したショールームの窓からは小さな校庭と、その先に森。なんとも理想的な眺め。ショールームには「本」を中心に家具と小物たちが並ぶ。気に入った家具は本と音楽とともにあるのがいいと僕も常々思っている。こんな風景を見ながら、気に入った家具を使って好きな本に囲まれて過ごす時間、なんて贅沢なんだろうと思う。本棚を見ると星野道夫、いしいしんじ、などなど僕も好きな本がたくさんある。エドワード・ゴーリーの絵本「うろんな客」まであった。ここで自由に過ごして良いと言われればいつまででも居られそうだ。

楽しくなってウロウロしていると、代表の田代さんが出てきてくれて、体育館を利用した工場にも案内してくれた。僕たちも横浜から来た家具屋だということを話すと、突然訪ねたにもかかわらず、コーヒーを淹れてくれてとても親切にもてなしてくれた。

ショールームで3人でコーヒーを飲みながら、家具の話、本の話、冬の話、最近ようやく大きな除雪機を買ってだいぶ楽になった話等、いろいろなお話を聞かせていただき、ちょっと寄ってみるだけのつもりが気がつけばすっかり長居してしまった。

こういうところで生活を大切にしながら木工をしている人と知り合えたこと、また訪ねられる場所ができたこと、なんだか世界が広がったような気がして嬉しくなった。

 

北海道に旅行などに行かれた際にはぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう。その場所に根ざしてものづくりをしている人と出会うこと、そこから生まれたものに触れること、とても素敵なことだと思います。

新千歳空港内でも「湯ノ里デスク」の木の小物、販売されているそうです。

 

takashi

 

 

 

 

 

チーク材のキャビネット

キャビネット

キャビネット:W1550xH850xD425  チーク無垢材+突板 ラッカー仕上げ

 

 

先日納品したTVボードのお客様より、引き続きキャビネットの製作をご依頼頂きました。

お客様との出会いは今年の3月。わたしたちのホームページを見てお問い合わせいただきました。キャビネットをお探しとのことで、既製品で思うサイズのものや仕様がなく、知り合いの方に”オーダーしちゃったら?”とアドバイスされたことがきっかけとのことでした。

わたしたちのような個人の注文家具工房は人目のつかないところで、ひっそりと製作しているため、なかなかわかりにくく、頼みにくい雰囲気もありますが、お客様より直接ホームページから問い合わせやご依頼をいただけるのはとても嬉しいことです。

少しずつではありますが、ホームページや雑誌の記事などで個人のお客様に知っていただけることに感謝しつつ、知っていただく機会をふやす工夫をしなければなぁと思う日々です。

 

 

今回ご依頼頂いたキャビネットはTVボードと同じ、チーク材での製作となりました。

木目を基調としたシンプルな形とし、ハンドルはお客様のご自宅のほかの家具の雰囲気と合うよう、ホワイトブロンズにしています。ここ最近チーク材での製作が続き、だんだんとチーク材の特性を理解すると同時に自然素材ならではの奥深さに改めて驚きます。ガウディの言葉「人は創造しない、自然の中から発見するだけ」... ふと思い出しました。

 

いつもそうですが、製作中はご依頼いただいたお客様の家の風景が頭の片隅にずっとあります。以前、チークの材料を見に行ったときに、キャビネットの扉の木目は縞のあるはっきりとした板目と考えていましたが、設置される部屋の雰囲気を考え、最終的にはもう少し柔らかい木目を選びました。こうやって、お客様の雰囲気に合う家具になるよう製作していくことは楽しい作業です。

 

 

一言に家具といっても色々なものがあり、それぞれに大切な役割を持ちます。

キャビネットはものを収納する機能をもちながら、お部屋に色を添えるものだと思います。

設置したときに、お客様が「なに飾ろうかな。」とおっしゃっていた言葉。好きな絵や写真、お花や陶器を置いたり...想像しただけで楽しくなります。そんな空間つくりのお手伝いができ、製作から納品までとても貴重な時間となりました。

ありがとうございました。

 

kumiko

言葉のちから

インスタグラムを見るともなく見ていると、子供がうたう歌にどきっとして目が止まった。

 

”ありさんとありさんとこっつんこ。あっちいってちょんちょん こっちきてちょん。”

 

これだけシンプルな言葉で、誰もが知っている光景を浮かばせる。なんという描写力だろう。

 

普段なかなか目が向かなくなっている世界や、思い出すことがなくなっている風景をふと思い起こさせてくれる言葉の表現。

好きだなあ。

 

takashi

6月の工房オープン日変更のお知らせ[ open:6/18(日) close:6/25(日) ]

毎月第4日曜日を工房オープン日としておりますが、

誠に勝手ながら、今月のオープン日は、6月18日(第3日曜日)に変更させていただきます。

こちらの都合で大変恐縮ですが、6月25日(第4日曜日)はお休みとなりますのでご了承下さい。

家具のご相談や打ち合わせをご希望の方は、事前にご予約いただければオープン日以外でも承りますので、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

HALF MOON FURNITURE WORKSHOP
OPEN : 6月18日(日) 10:30〜16:00
 
家具のご相談や工房にご興味がある方は、是非お越しください。

お待ちしております。

 

※一部の展示品を現品販売しております。

すべて一点ものになりますので、ご興味のある方はお問い合わせください。